マーケティング / データサイエンス / 仕事の所感 などなど

マーケターと名乗らせて

未分類

ウォーキングが体にいいのかiPhoneの歩数計で分析した

投稿日:

iPhoneには標準で歩数計が備わっているようでした。

1か月前に友人から教えてもらった私は過去の傾向から健康と関連性があるか調査しました。

 

3行でまとめ

・歩数の減少とともに不健康の道に走った2018年

・生活リズムは変わっていないという感覚と実際は変わっていたデータ

・目標設定を立てることも大事だが効果が見込める目標設定を

 

知らないうちに我々はデータを取られている

 

深夜バーで友人と飲んでいるときだ。

同い年だったこともあり運動しているかという話になった。

話は進みiPhoneで1日何歩ぐらい歩いているかという話題になりiPhoneでおもむろに1週間の歩いた長さを見せてくれた。

 

― どんなアプリ使ってるの?

 

友人にそう聞いたら驚いた様子で教えてくれた。

標準でついてるよ、と。

 

急ぎ自分のiPhoneを見ると、そう既に取得されていた。

過去をさかのぼると2016年3月。

機種変更したタイミングからだ。

 

― 知らないうちにアップルにあなたの生活見られてるよ

 

友人からそう聞きちょっと恐ろしくなった。

そのうちSiriが

「最近運動不足ですね。ジムでカロリー消費しましょう。」

とか言ってくるのだろうか。。。

 

仮説 「1日の歩数と健康に関連性はあるのか」

 

2018年は年始から体調不良が続いていた。

 

2月から睡眠不足に襲われたので1週間沖縄に逃避したり。

ジムに通う元気もなくなり3月に解約。

4月頃から健康食品に手を出し青汁を飲んだり。

 

体調悪いが仕事や済めないときはリポDを飲んで乗り切ったり。

原因が分からないなか何となく元気になりそうなものを採り入れている。

 

不健康になって健康のありがたみを知る日々だ。

 

ー この不健康の原因はなんだろうか?

 

手探りな日々だったが、ここで折角取得してた(されてた?)歩数計を見て何か関連性はないか調べることにした。

 

データ比較「良いときと悪いときの違い」

 

幸いなことに既に2年半分のデータが蓄積されていたので健康だった時と不健康なときの歩数の比較ができた。

その結果がこちらだ。

 

一目瞭然。

 

2016年

 

2018年

 

明らかに歩数が2018年は減っている。

2016年 → 13,000前後

2018年 → 10,000前後

 

普段生活していて

・今日は歩いたなあ

・今日は歩き足りないなあ

と感じることは少ない。

 

ここ3年は仕事が変わったということもなく、自分自身は生活リズムが変わったという印象もない。

にもかかわらずこの歩数の減少には驚きだ。

 

思わぬところで2018年の変化を知ってしまった瞬間。

 

「市場調査」1日に10,000歩は少ないの?多いの?

 

歩数が減少したことを嘆きつつも1日約10,000歩という数がどれぐらいの意味を持つのか気になった。

 

一般成人男性はどのくらい歩くのだろうか?

情報収集の旅に出る。

 

Googleで 「歩数 健康」と入力すると色んなキーワードが並ぶ。

 

 

「歩数 健康 関係」でサイトを検索すると一番最祖にでてきたのが

一般財団法人 日本万歩クラブ

 

ちょっと怪しい名称だが、昭和40年から続いている法人なのでそこを信頼。

 

10,000歩はどうやら活発的な人のようだった。

 

困った。

2018年も不健康になるほどの歩数の減少ではなかったようだ。

他のサイトも見てみようと思い検索結果に戻り次のサイトを見ると、

 

1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった | 健康 | 東洋経済オンライン

 

なんとも過激なタイトルのサイトだ。

ざっと見ると8000歩が一つの目安のようだ。

 

うーん、大差がないぞ。

インターネットのこの手の情報は書き手の恣意が発生する。

結論、あまり信用ならない。

ということで自分のデータに戻ることにした。

 

目標設定「以前と同じ歩数で健康維持」

 

歩数の減少と不健康が関連していることはある程度証明できたので、以前と同じ歩数を確保する方法を考えることにした。

 

今までは年単位だったので少し小さい単位で普段の歩数を確認する。

 

直近3週間の曜日ごとの歩数だ。

 

 

 

「平日が多い!」

「土日が少ない!」

 

などなど何らかの傾向が見られるかと思いきやそうでもない。

なんとも特徴のない傾向だった。

 

1点気になったのは日によってバラツキがあるということだ。

 

ー ??

 

5000歩確保できていない日が幾つか存在する。

 

自分のスケジュール帳と照らし合わせる。

 

10/19(金)

→ 飲み会が急きょなくなり真っ直ぐ家に帰る。

 

10/24(水)

→ 代休取得。夜も特に予定なく家でゴロゴロ(笑)

 

10/31(水)

→ ハロウィンに行こうとしたが人が多すぎてギブアップ。帰る。

 

 

なるほど予定がない日は自然と歩数が減ってしまう。

まずはこの辺の歩数を確保するところから始めよう。

 

どの日も結局真っ直ぐ帰ってしまったので、5000歩確保してから帰ろう。

 

そう思い、通勤区間の駅の間の距離を調べる。

 

https://machi-ga.com/entry/entry00234.html

 

どうやら1駅手前に降りると1.5km

1歩を80cmとすると約1800歩。

 

ー なぬっ!足りない。

 

さらに1駅手前から歩くと合計2.7km

1歩を80cmとすると約3300歩。

 

ー まだ、足りない!

 

「1駅前から歩く習慣を」というメッセージを時々見かけるが実はあまりインパクトのない距離感のようだ。

 

まとめ

 

本日はiPhoneの歩数計を使って自分の生活リズムと健康について分析してみた。

年、月、週、日、時間 という5つの角度で歩数を調べられる便利なツールで自分がどれぐらい歩くことをさぼっているかは一目瞭然。

 

今回は年と週の二つで見たが他の角度で見ると新しい気付きを得られるのかもしれない。

 

生活リズムは変わっていないという感覚はあるが実際は少しずつ変わっているようだ。

感覚だけに頼りすぎず数字と向き合い冷静に判断をしたいところだ。

 

おまけ

 

そして、予定がある日とない日だと歩数に大きな違いがあり、ちょっと散歩して埋められるほどではなかった。

誰か暇な夜はお酒付き合ってください。

 

-未分類

Copyright© マーケターと名乗らせて , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。